« 目先底打ちした日本株 | トップページ | 資産のインフレ・ヘッジは必要か? »

日銀展望レポートの罪と評価する所

28日に発表された日銀展望レポート(経済・物価情勢の展望)について記載しようと思っていたところ、上手く纏めていらっしゃる方がいらっしゃいましたので、結果の詳細についてはこちらをご参照下さい。


規定路線であった消費者物価指数の2005年度下方修正、2006年度プラス予想
4月5・6日に実施された日銀金融政策決定会合で、従来であられば10月に発表される予定であった翌年度(2006年度)分をこの4月に前倒し発表していたことから、消費者物価指数の2005年度を下方修正し、2006年度のプラス予想を示すことは規定路線であった。事実、長期金利(10年国債利回り)は、当該発表前に2004年3月以来となる1.235%という低水準に低下(4月上旬の1.5%台から急低下)しており、ある種日銀が2005年度中の量的緩和解除を諦めるであろうことを市場が読んでいたと言える。


問題を残した消費者物価指数の2005年度下方修正
消費者物価指数を下方修正したことが問題ということではなく、日銀がそのような判断をしたことが問題と考えている。今回の消費者物価指数の下方修正の理由として、展望レポートに記載されていたのは『米価格の下落や電気・電話料金引き下げの影響』としている。28日の日経金融新聞でも指摘されていたが、昨年10月にこれらのことは判っていたことであり、元々、予想数字が高かったことが問題で、その後も1月の中間報告やそれ以降の日銀総裁会見で訂正することが可能であったにも関わらず、ここまで明確に示してこなかったことを問題視している。

何故、高い予想を行い、持続してきたかということは、量的緩和解除を行うことを前提としていることに他ならない。次回衆議院選挙が2008年でその前年に2007年に消費税引き上げを行うことが政治的なスケジュールとして広く認識されている。量的緩和解除はこれまでに行う必要があるが、2006年度には消費者物価指数の基準が変更される問題がある。当該変更は、現在の2000年基準から2005年基準に変更され、現在は基準に入っていない液晶TVや携帯電話等の情報機器関係商品が加わり、また既に入っている同種の商品のウェートが高められるため、物価下落要因若しくは物価上昇の抑制要因として考えられる。消費者物価指数においてはヘドニック法と呼ばれる調整が行われており、価格が同じで性能が2倍(例えばHDDの容量が20GBから40GB等)の場合、物価が半分になったものとして取り扱われる。情報機器は性能の陳腐化が早く、半導体においては2年毎に性能が2倍になるというムーアの法則が良く知られている。2005年度基準となれば、消費者物価指数におけるデフレ圧力が強まる。来年4月には2006年度のプラス予想をマイナスに転換等という洒落にもならないことが予想される。

話を戻すが、日銀が犯したこれらの最大の罪は、“日銀の経済予想は客観的でない”という印象を世に示したことである。経済予想が客観的でないならば、当然それを前提とする金融政策も客観的でないとの不信感を生むこととなり、それが大きな問題と考えている。


日銀の先行き回復シナリオ堅持について小生は同感
信頼をなくした格好となっている日銀の経済予想であるが、先行き回復シナリオは小生も同感である。28日発表の3月鉱工業生産指数において、良く話題とされる電子部品・デバイス工業の在庫は圧縮され、2004年4月以来の水準に低下していた。在庫の減少は、先行きの不安の表れとも考えられるが、先行きに需要が増加する要因があるならば、景気の下落方向からの転換点と認識して良いだろう。

4月25日に米国マイクロソフト社が64ビット対応のWindows(XP等)を発売した。同時に2006年発売予定のロングホーンという新型OSのデモンストレーションを行った。日本でWimdows95が発売されてから、本年11月で10周年を迎える。未だにそのOSを使い続けている人間はいないだろうが、およそ5年で買替サイクルがあると考えられる。思い起こせば5年前には2000年問題があった。そろそろPCやサーバーを買い替える人間も出てくるのではないか。詳しくは、本職の株アナリストの意見を聞いてくだされ。

|

« 目先底打ちした日本株 | トップページ | 資産のインフレ・ヘッジは必要か? »

コメント

yohsshiさん、記事の紹介をありがとうございました。
私のブログからもトラックバックさせていただきます。
よろしければ、これからも時々遊びにいらしてください。

投稿: 撫子 | 4月 30, 2005 12:03 午前

撫子さま

こちらこそ、ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

投稿: yohsshi | 4月 30, 2005 09:29 午前

きまぐれBlog さんへ

トラックバックがキチンと働いていない為、一旦削除致します。再度、登録し直して下さい。

投稿: yohsshi | 5月 16, 2005 07:44 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42635/3912851

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀展望レポートの罪と評価する所:

» インフレへの道のりは遠い? [なでしこの夢つむぎ]
昨日、日銀が「経済・物価情勢の展望」を発表しました。 日銀はその中で、「2006 [続きを読む]

受信: 4月 30, 2005 12:02 午前

« 目先底打ちした日本株 | トップページ | 資産のインフレ・ヘッジは必要か? »